福祉施設で働くて実際どんな感じ?



福祉施設で働くて実際どんな感じ?

福祉施設で働くて実際どんな感じ?看護師の活躍できる現場は大きく広がってきています。

今では病院だけでなく、福祉施設で働いている看護師さんも多くいます。

福祉施設というのは、高齢者福祉施設や、軽度から重度の発達障害児の療育施設、精神障害者施設などになります。

病院で働く場合に比べ、より生活に密着した看護が必要になることが多く、時に看護と同時に介護の仕事をすることもあります。

一般的に、病院の看護師に比べると、仕事量は少なく、血圧測定をはじめとする健康管理が主な仕事になります。

入所者の人と一緒にのんびりとした時間を過ごすこともできる場合があります。

しかし、その反面、施設の入所者の状態が急激に悪化してしまったときや、おおきな怪我をしてしまった時に、冷静かつ正確な判断が求められます。

病院のように常に、医師がいることは少なく、適確な処置が命に関わることもあります。

病院の看護師よりも、正確で、適切な応急手当などの知識が必要になります。

そのため病院でも、福祉施設でも、看護師の責任は大きく、どちらも必要な職業と言えるでしょう。

福祉施設の看護師の場合、人々の生活に密着するので、よりコミュニケーションが大切になります。

職員間のコミュニケーションもそうですが、意思疎通の難しい障碍者や高齢者とのコミュニケーションも重要になります。

相手が何を言おうとしているのか敏感に察知する、洞察力、それと動作から考えられる、伝えたいと思っている内容を考える想像力が必要になるでしょう。それを確認する為の、言い方などの表現力も重要になります。

▼ クリニックの求人も豊富な、看護師の転職支援サービス

1位 : ナース人材バンク
ナース人材バンク


2位 : ベネッセMCM
ベネッセMCM


3位 : マイナビ看護師
マイナビ看護師


4位 : リクルート・ナースバンク
リクルート・ナースバンク


5位 : ナースではたらこ
ナースではたらこ




Topics

フィード