看護職のヒエラルキーはあるのか?



看護職のヒエラルキーはあるのか?

看護職のヒエラルキーはあるのか?看護師の重要性は社会的にも大きくなり、看護師が活躍する環境は増えてきています。

しかし働いている環境によって、看護師の優劣が出てきているようです。

一般的に老人ホームや、療育施設などの福祉施設で働く看護師よりも、病院で働く看護師のほうが、優れていると判断される場合があります。

これは、技術的なものもそうですが、職場を病院から福祉施設に変更するのと、福祉施設から病院に変更するのでは、病院から福祉施設に変更するほうが楽だと思われているのが大きく影響しています。

そのため福祉施設で働く看護師は、病院では活躍できないという考えになってしまっている場合もあります。

また病院でも身体障害、精神障害などの働く領域によって、看護師の優劣をつけようとする人も中には存在し、同じ領域でも急性期や回復期などによる違いから優劣をつけてしまう人はいます。

ただ、実際看護師として働いていくと、優劣など関係無く、どの職場でも看護師の仕事は非常に重要になり、仕事をする環境によって看護の仕方が大きく変わってきます。

看護師として多くの経験を積みたいと思う気持ちは大切ですが、それを看護師の優劣で考えてしまうと、仕事として優れているかどうかで自分の仕事を捉えてしまうことになるでしょう。

結果的に看護師としての仕事の範囲を狭まくしてしまい、自分の仕事がしずらくなってしまいます。

転職サイトなどを見れば、働く環境が多くあることを知れると共に、苦労する部分と楽しい部分における情報を入手することができるでしょう。

優劣ではなく、自分のやりたい領域、環境で働くことが優れた看護師になる近道と言えます。

▼ クリニックの求人も豊富な、看護師の転職支援サービス

1位 : ナース人材バンク
ナース人材バンク


2位 : ベネッセMCM
ベネッセMCM


3位 : マイナビ看護師
マイナビ看護師


4位 : リクルート・ナースバンク
リクルート・ナースバンク


5位 : ナースではたらこ
ナースではたらこ




Topics

フィード