ナースには過労死の危険性がある?



ナースには過労死の危険性がある?

ナースには過労死の危険性がある?看護師の方なら、2010年に日本看護協会が大規模な実態調査を行ったことはご存知かと思います。

これは2008年10月に、20代の2人の看護師が過労死と認定されたことによるもので、協会では『2008年時間外労働、夜勤・交代制勤務等緊急実態調査』を全国の看護師を対象に行ないました。

その結果、驚いたことに推計約2万人の看護師が過労死危険レベルの勤務を強いられていることが判明したのです。

さらに別のアンケートでは、3000人以上の3交代制で働く看護師のうち、勤務と勤務の間隔が6時間以下になることがあり、よく休まないうちに次の勤務をしなければならない看護師が約60%にのぼるという結果も出ているのです。

そうでなくとも、看護師の仕事は精神的な緊張が強く伴い、チームナーシングが基本であるため常に人間関係を良好に保つ努力が必要で、どうしても残業が多くなりがちな職業ですよね。

つまり、なんとなく調子が悪い、体調がすぐれない、そんなことを感じながら働いている看護師は、決しておおげさなことではなく、誰でも過労死の可能性を持っている、ということになるのです。

激務を自覚してる方は、早めに職場を変えた方がいいでしょう。

ただ、「この程度のスキルで転職なんて無理よ」とか、「この年になって転職できるはずがない」とか、そのようにお考えかと思います。

でも、大丈夫です。

最近、登録者が増えている、ナース専門の求人情報サイトでは、転職コンサルタンが、あなたのご事情を考慮しながら、あなたにぴったりの転職先を探してくれます。

これらのサービスは募集する病院側から料金を得ているので、看護師さんの方は無料で利用できます。

また、これら求人サイトのコンサルタントは、多くの病院やクリニックに顔を出して、それこそ、院長や師長の人柄や職場の雰囲気、そういったものをよく知っているので、人間関係の悩みから転職を検討している人には強い味方となってくれるでしょう。

▼ クリニックの求人も豊富な、看護師の転職支援サービス

1位 : ナース人材バンク
ナース人材バンク


2位 : ベネッセMCM
ベネッセMCM


3位 : マイナビ看護師
マイナビ看護師


4位 : リクルート・ナースバンク
リクルート・ナースバンク


5位 : ナースではたらこ
ナースではたらこ




Topics

フィード