看護職はうつ病の危険と隣り合わせ



看護職はうつ病の危険と隣り合わせ

看護職はうつ病の危険と隣り合わせうつ病や新型うつ病(現代型うつ病)が社会問題となっていますが、これは看護師の世界でも例外ではありませんよね。

ある日突然、なぜか気持ちが落ち込みやすくなったり、出勤することができなくなったり、職場が怖いと感じたり、といった症状が起こってしまうこと、ありませんか?

特に看護大学(看護学校)を卒業したばかりで新卒の、いわゆる新人看護師や、妊娠・出産を経験した産休や育休明けのママナース、あるいは、看護の現場をいったん離れブランクのある看護師がうつ病になることが多いと言われています。

看護職の精神的な重圧を考えれば、強いストレスがかかって欝になってしまうことも理解はできます。

ただでさえインシデントやアクシデントを起こさないよう、いつも気持ちが張り詰めている状態で患者さんに接しなければなりませんし、患者さんのご家族との関係も円滑に保たないといけませんよね。

さらには、プリセプターと気が合わないこともあるでしょうし、医師や師長や同僚といった職場の人間関係に疲れることだってあります。

看護師のうつは1回起こると、なかなか治療しても治らないことが多いと聞きます。特に、人間関係がうつの原因になっている場合には、改善が難しくなります。

ただ、職場の環境を変えると、気持ちも新たに働くことができることから、うつから抜け出せる可能性は大きくなるのだそうです。

そうした理由から、転職に踏み切る看護師さんも増えてきているようです。今すぐ転職するつもりのない人でも、ナース人材バンクや看護roo等の求人サイトに登録だけはしていたりします。

こういったサイトに登録すると、一般には公開されない好条件の求人案件を見ることが出来るのが、最近、登録する人が増えている理由のようです。

看護師の職場は、実は非常にたくさんあります。あなたの能力を、もっと高く評価してくれる素敵な職場が見つかるかもしれません。

▼ クリニックの求人も豊富な、看護師の転職支援サービス

1位 : ナース人材バンク
ナース人材バンク


2位 : ベネッセMCM
ベネッセMCM


3位 : マイナビ看護師
マイナビ看護師


4位 : リクルート・ナースバンク
リクルート・ナースバンク


5位 : ナースではたらこ
ナースではたらこ




Topics

フィード