看護師の平均勤続年数って?



看護師の平均勤続年数って?

看護師の平均勤続年数って?あなたは、今、何年くらい働いていますか?

看護師の場合、就職して1~2年のうちに離職してしまう人と、結婚しても妊娠しても出産しても子どもがいても、ずっと働いている人といますが、平均的な勤続年数ってどのくらいなのでしょうか?

一般的に、ナースの平均勤続年数は約6~7年なのだそうです。

普通の会社員や事務職などの平均年数は約9年と言われていますから、少し短めですね。看護職はそれだけ責任の重い職業ですし、労働が過酷ということが理由だと言えるでしょう。

ただ、看護師をママになっても続ける人がいます。こういった人は、ライフステージに合わせて上手に転職をしていることがほとんどです。

1箇所の病院やクリニックにこだわることなく、そのときの自分に必要な環境や労働条件を満たすところで働くことができるので、無理なく仕事を続けることができています。

就職してすぐに「看護師、続きそうにないな・・・」とか「私みたいに、すぐに転職を考えるってダメだよね・・・」とか感じるナースは多いものです。

でも、せっかくの資格なのですから、転職しながらでも続けた方がいいですよね?

最近は、積極的に転職を考える看護師も増えてきているようです。すぐに転職しなくても、ナース専用の求人サイトに登録だけしていて、転職に必要な情報を得ていたりします。

転職サイトは無料で利用できますが、一般には公開されない好条件の求人案件を紹介してくれることもあるんですよ。あなたが、もっとあなたらしく看護師を続けられる素敵な職場が見つかるかもしれませんね。

▼ クリニックの求人も豊富な、看護師の転職支援サービス

1位 : ナース人材バンク
ナース人材バンク


2位 : ベネッセMCM
ベネッセMCM


3位 : マイナビ看護師
マイナビ看護師


4位 : リクルート・ナースバンク
リクルート・ナースバンク


5位 : ナースではたらこ
ナースではたらこ




Topics

フィード