ナースの平均寿命が短い理由



ナースの平均寿命が短い理由

●看護師として働いていると、どんなに年齢が若くてもどんなに健康であっても、1度は体調を崩してしまうものです。

これは、ナースの業務が過酷であることを物語っています。

勤務の時間が不規則なので、健康の基本である規則正しい生活が出来る仕事ではありませんよね。

また、多様な人間関係の中で仕事をせねばならないので、ストレスは他の職種より負担になると言われます。小さなインシデントが、人の命に直結する職種なのですからなおさらです。

こうして、いつも心身ともに過酷な状況にさらされているために、ナースの平均寿命は短いと言われています。

きちんとしたデータがあるわけではありませんが、看護師の方ならこの職業に従事する者の平均寿命が短いということに納得して頂けるはずです。

中には、2交代や3交代の勤務によって、血圧が常に変動しやすかったり、激務やストレスの負担を手っ取り早く軽くするために、タバコを吸う人が多かったりします。

こういった全てのことが、寿命が短いといわれる原因になっているようです。ただ、健康を損ねて、寿命が縮むほど大変な思いで働かなければならないのなら、少しでも楽な職場を探すのもいいかもしれません。

いつまでも元気に仕事がしたい、そんな気持ちで他の職場のことを知りたい人は、看護師専門の求人サイトに登録をして、必要な情報をいち早くゲットしています。

すぐに転職する気はなくても、自分の希望する条件にあった仕事を探すことができるので、とても人気があるようです。ナースとして働くなら、健康な状態でできるだけ長く、医療の現場に携わりたいものですね。

▼ クリニックの求人も豊富な、看護師の転職支援サービス

1位 : ナース人材バンク
ナース人材バンク


2位 : ベネッセMCM
ベネッセMCM


3位 : マイナビ看護師
マイナビ看護師


4位 : リクルート・ナースバンク
リクルート・ナースバンク


5位 : ナースではたらこ
ナースではたらこ




Topics

フィード