看護師は腰痛の人が多い



看護師は腰痛の人が多い

看護師は腰痛の人が多い医療の現場には、腰痛持ちの職種の人が多くいます。

介護福祉士や看護助手などもそうですが、看護師も腰痛持ちが多いことで知られます。

患者の体位交換や移動、医療機器の移動、そういった業務の際に、ちょっとした無理が腰にかかってしまうことが繰り返され、腰痛持ちになってしまうと考えられます。

あるいは、長時間同じ姿勢でいなければならなかったり、ベッドメイキングを中腰でしなければならなかったり、そういったときに思いのほか、腰に負担がかかるものです。

慢性の腰痛が、ストレッチや筋トレで対処出来ているうちはいいのですが、これがひどくなって腰椎椎間板ヘルニアなどを起こしてしまっては、ひどいと手術をしなければならなくなってしまいます。

患者のケアをするナースが、このような状態になってしまってはお話になりませんね。

もし、腰痛が辛い、今の職場の業務は腰に負担がかかる、そんな風にお考えなら、ヘルニアになる前に思い切って他の職場に移ることも腰痛解消の1つの方法なのではないかと思います。

腰痛で困っていたり、他の職場の情報を知りたい人は、無料で登録できる転職サイトを活用しています。

こういったサイトに登録すると、一般には公開されないような好条件の求人案件を見ることが出来るのが、最近、登録する人が増えている理由のようです。

看護師の職場は、実はたくさんあります。
腰痛に無縁の素敵な職場が見つかるかもしれませんね。

▼ クリニックの求人も豊富な、看護師の転職支援サービス

1位 : ナース人材バンク
ナース人材バンク


2位 : ベネッセMCM
ベネッセMCM


3位 : マイナビ看護師
マイナビ看護師


4位 : リクルート・ナースバンク
リクルート・ナースバンク


5位 : ナースではたらこ
ナースではたらこ




Topics

フィード